こんにちは、さくらです^^

赤ちゃんの肌荒れはママさん達を悩ませる原因のひとつでもありますよね?

 

私の娘は肌がとても弱いので

使うものやケアの仕方などには特に注意し敏感になってしまっています。

 

ところで、この赤ちゃんの肌荒れ(乳児湿疹)は

いつまで続くのだろうと不安に思うことはありませんか?

 

私も不安に思い、色々と調べてみたので、ここで紹介したいと思います。

 

 

肌荒れ(乳児湿疹)を引き起こす3つの原因

アロベビー

皮脂が過剰に分泌する為

主に、生後三か月頃までに繰り返す乳児湿疹は、

皮脂の過剰分泌が原因で発症していることが多いと言われています。

 

肌の乾燥

皮脂の分泌が一段落すると、次に肌が乾燥し始めていきます。

“美肌を保つには乾燥が大敵”と言われていますが、

赤ちゃんの肌もそれと同様に乾燥は大敵のひとつなのです。

 

水分も逃げてしまいやすいので、ちょっとの摩擦や汚れなどにも敏感で、

すぐ湿疹になってしまいます。

 

免疫のバランス

アトピーの疑いがある場合、免疫のバランスが取れていない為に

湿疹を繰り返してしまいます。

 

アレルギーに関する免疫が、何かしらの原因で強くなっている為、

少しの刺激で肌に反応が起こります。

 

※1~2歳頃になると、アレルギーの免疫が弱まり、

免疫バランスが取れることで自然と湿疹が良くなっていくケースが多いと言われています。

 

 

肌荒れ(乳児湿疹)のピーク時期

アロベビー

個人差もありますが、大半が

出生後~1歳頃までが肌荒れ(乳児湿疹)が起こるピーク時期と言われています。

 

ほとんどの場合、1歳過ぎ頃には落ち着いてくると言われていますが、

2歳頃まで続くようであれば、アレルギーやアトピーの可能性が疑われる為、

医師に相談しよく診てもらうことをお勧めします。

 

下記にて、月齢別に乳児湿疹の特徴をまとめてみました。

 

出生後~生後3ヵ月頃まで

新生児は、お腹の中にいた際のホルモンが影響しているので、

皮脂が多い時期でもあります。

 

生後2~3ヵ月頃までには、ニキビの様な赤く腫れた湿疹がよく見られます。

 

生後4~9か月頃まで

生後4~9ヵ月頃になると、皮脂分泌が少なくなってくる為、乾燥が進み始めます。

その為、乾燥肌によって乳児湿疹を繰り返してしまうケースが多く見られます。

 

赤ちゃん自身に痒みがありますので、掻きむしってしまうことがあり、

掻きむしることで細菌が入り、ジュクジュクとした状態に悪化してしまうケースもよく見られます。

この場合できるだけ早く病院受診しましょう。

 

 

生後10ヵ月~2歳頃まで

一歳頃までになるとだんだん皮膚が強っていき、乳児湿疹も改善してきます。

二歳を過ぎても乳児湿疹や肌荒れなどが改善しない場合には、

その他の原因が考えられますので、一度病院を受診された方が良いでしょう。

 

 

乳児湿疹や肌荒れ対策には保湿が効果的

アロベビー

乳児湿疹は、生後まもなくから二歳頃まで多く経験します。

 

赤ちゃんが湿疹部分をかき壊してしまうケースや

アトピー性皮膚炎を発症してしまう等、その様なことは極力避けたいものです。

 

 

そのような辛い思いをわが子にさせない為にも、

ママさんやパパさんがしっかりと対策を行っていくことで

防ぐ事が出来ることも多くあると思います。

 

 

乳児湿疹に対しての基本的な対策としては、

赤ちゃんの肌を清潔に保つことと保湿をしっかり行うことです。

また、乾燥からくる肌荒れにも保湿はとても効果的な対策方法のひとつでもあります。

 

管理人がたったの6日間で娘の湿疹をきれいに治した

ミルクローションはこちらでレビューしています^^

 

それらの基本的なケアをしっかり行っていくだけで、

乳児湿疹や乾燥からくる肌荒れを予防することが出来ます。

 

 

清潔に関しては、以前もお話させていただきました通り、

授乳後や離乳食を食べた後の口元の汚れは綺麗に拭きとる等をし、

常に清潔を心がけていくと良いでしょう^^

 

入浴の際には、弱酸性のベビーソープやベビー用せっけんなどを使用し、

しっかりと泡立ててから、優しくなでるように洗い、擦ることはやめましょう。

 

また、すすぎ残しや洗う順番についても気を付けてください。

 

入浴後は、水分が失われやすい為、すぐに保湿を行うようにしましょう。

 

着る衣類などにもしっかりと気を配り、その時の気温などに合ったものや

汗をかいた際には、こまめに着替えを行うなどの気配りが必要不可欠でもあります。

 

以上の事を踏まえて対策・予防に取り組んでみてください^^

 

 

最後に

 

乳児湿疹については、見ている側も辛い為に

「今すぐ治さなきゃ!」「私のケアの仕方が原因なの?!」と思いがちですが、

そうではなく、悪化しないよう上手く付き合っていくという思考に変えて、

ケアや配慮などをしていくとお母さん達自身もお子さんも少し気が楽になると思います。

 

また、お子さんの肌にも優しいと思います♪^^

なぜなら、早く治そうと焦ってしまうと、自己流になってしまたりして

余計悪化してしまうケースもあるからです。

 

そのようなことにならない為にも、落ち着いて対処などをしていくことが、

早く良くする為のケアのひとつでもあります。

 

お互い色々と頭を抱えることもあると思いますが、

子育てを楽しみながら、一緒に頑張りましょう^^