こんにちは、さくらです^^

 

赤ちゃんの皮膚トラブルで

「うちの子アトピーかもしれない」と悩んでいるお母さんも多いかと思います。

 

 

でもアトピーなのか、ただのあせもなのか

病院にいけば良いのか悩んでいる方もいることでしょう。

 

 

湿疹やあせもができて

かゆそうなわが子をみるのは辛いですよね。

 

これからの季節

特に冬場は症状が悪化やすく、とても悩ましい季節です。

 

 

アトピーは悪化しないよう予防することもできるのです。

 

本日は症状が悪化しないよう

アトピーの予防の仕方やスキンケアを行う上での注意点などを紹介します。

 

 

なぜアトピーは冬に悪化しやすくなるのか?

アロベビー

 

実は私自身子供のころアロピーが酷かったんです。

腕や足の関節がとくに痒くて皮膚科は常連でした(^^;

 

中学生くらいからは薬もいらないくらい

治ってきて、それ以降は酷くありません。

 

アトピーは特に冬場が酷くなっていました。

 

考えてみると冬場はほかの季節に比べて肌が

乾燥しやすいからだとは思っていたのですが、

原因はそれだけではないようなのです。

 

 

アトピーが冬に悪化する原因

まず、アトピーの症状は季節によって変動する傾向にあります。

暖かい季節に酷くなるお子さんもいますが、特に多いのが冬です。

 

冬になると気温が低下し、空気が乾燥する為に元々乾燥しやすいアトピー持ちの人の肌は更に乾燥し、

潤いがなくなってしまいます。

 

これは大人も子供も一緒です。

 

乾燥肌の人でさえ、この時期は痒みが出やすくなります。

アトピーを持っている人の肌はもっと痒みを強く感じるようになり、

少しの刺激でも掻きむしりたくなってきます。

 

 

つまり、痒みに耐えられず、

これを掻いてしまうことにより皮膚の症状が悪化してしまうのです。

 

 

悪化しないようにするための予防方法

アロベビー

皮膚の乾燥を防ぐ事が第一ではありますが、

アトピーの状態になってしまうと、保湿剤だけではあまり効果がみられません。

 

その為、寒くなる前から皮膚の保湿を心がけ、

行うことがとても重要になってきます

 

 

痒みに対する対策方法

皮膚の温度が上がるとそれもまた痒みに繋がる為、

ファンヒーターなどの熱風が出るものに直接あたることを避けてください。

 

 

入浴の際も湯船に浸かる時間を短くするか

入らないようにするなどの注意が必要です。

私はお風呂上りは特に体がかゆくなって大変な思いをしていました(^^;

 

また、皮膚を刺激するような肌触りの服も避けるようにしましょう。

私が娘の服を選ぶときは

ナイロンやポリエステルの服は絶対に選ばず

綿100%やオーガニックコットンのものを選ぶようにしています^^

 

アロベビー

 

スキンケアの仕方と注意点

基本は、清潔と保湿です。

汗は体内からでた汚れです。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは汗を沢山かきます。

 

しかし、汗腺が十分に開いてないことから、汗疹が出やすく、

暖房が効いていると冬でも汗疹が出来やすくなってきます。

 

保湿はしっかりするようにしてください。

保湿剤にはほとんど副作用がない為、一日に何回塗っても大丈夫です。

 

塗る目安は着替えの際、お風呂上り、冬場は外出時など。

表面にたっぷり伸ばしてつけてあげましょう。

保湿剤はその子の肌に合った物を選び、使用して下さい。

 

 

ちなみに私は【アロベビーミルクローション】を使用しています。

アロベビーミルクローション

99%天然成分でできている世界から認定されているオーガニック化粧品です。

赤ちゃんにも安心して使えますよ^^

 

アロベビーミルクローションの成分は本当に安全なのか

 

 

まとめ

アトピーは冬場に酷くなりやすいため以下のことに注意してください。

 

・室温は適度に保つ

・汗はこまめに拭く

・タオルで強くこすらない

・お風呂のお湯の温度はぬるめ

・洗う際はしっかりと泡立ててからごしごし洗わない

・肌を刺激するもの(服など)はなるべく避ける

 

参考になればうれしいです^^

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。